心をきれいに保つため

~傷心~~


人から人へ、思いを伝えるのは難しい。

会って話すのでも大変なのに、文字だけで伝えるのはもっと大変だ。



自分が書いた文章は必ず、読み返して、受け取った人がどんな風に受け取るか

考えてみる。


何回か見直すと、この文章、こんな風にもとれるな。。これじゃーマズイわ!


って事が、たまーにある。 われながらビックリする。ほんとに怖い。

それで、何度か、誤解されたままになっていたこともある。

これで、恋愛を失ったことも。 だぶん、あの時も。。。




文章だけでなく、態度も同じ。 いつの間にか、大事な人を傷つけていたことも。
後から謝ろうと思っても、その人はいない。

せめてその人を思い出しながら、手を合わせて「ごめんなさい」と言うくらい。



だけど、また自分を振り返らなければならない事がおきた。

今度は私が傷ついてしまった。




傷ついた心で、でも私も悪かったのか?と、過去を振り返って、自分を責めた。

物事の本質を見極める、事実を伝えるべき、なんていうと、カッコいいけど、
伝え方、ってあるのでは?



美しくない人を見て、あなた本当に醜いわね?

なんて言う? 私だったら言わない。 



その人がどれだけ苦しみ、悲しむかと思うから。

それが事実だけとしても。。


だって、自分が一番よく知っているんだもの。。どれだけ悲しいことか。


もし、どうしても伝えなければならないとしたら、精一杯、優しい言葉で傷つかないように、助言や、応援の気持ちと共に、伝えると思う。

全てが大切な人だから、全ての人に、傷ついてほしくない。


どうしても付き合う事がイヤな人なら、少しずつ、遠ざかっていけばよい。


愛情を持っていれば、受け止めた人にも、きっと伝わる。


でも人の心は、変わるから、いつの日か良い方向を向き、優しい気持ちで、
優しい言葉で、笑顔とともに、話せる日が来るとよいなと、思っています。


私の気持ち、まだ整理がつかないから、許せない気持ちがあるけど
いつかは、許すことができると思います。


罪を憎んで人を憎まず。



愛のメッセージを伝えるなら、愛の気持ちのある人になってから伝えないと。


人の悪口を言っている時の顔って。。。なんだか、醜いもの。


私も、人の振り見てわが振り直せと、自分を戒めています。


こんな時に、いちばん大切なのは、笑顔ですね。
辛くても笑顔でいれば、周りも笑顔になり、自分に返ってきます。

私はだから、今、たぶん、いつも以上に、満面の笑みを浮かべてます。


笑顔で、こんにちは、って言う。これに限ります。 

神様にテストされてると思ってます。 さあ、できるかな?

こんなことくらいで、へこたれるの?って。


「心をきれいに保つ為」には、笑顔で明るさをとりもどし

ポジティブシンキングで、どんどん前へ進んでいきたいと思います。




この記事を書いた人

evapf

ジャズピアニスト ジャズピアノ講師 音楽イベントプロデユース