ピアノを弾く為に知っておきたい「音楽の基本その1」

愛のバラードを奏でるロマンティックジャズピアニストのエバです。

 

ジャズピアノって素敵だと思いませんか?

 

ピアノの音色が心地よく、ジャズが流れる大人の時間、そんな雰囲気を味わってみませんか?

 

もちろんジャズバーやジャズクラブに行けば生演奏を聴くことができます。

 

でも自分でピアノが弾けたら、ジャジーな音に包まれるひと時をいつでも味わう事ができるんです。

 

ゆったりSwing、まったりBossa Novaしちゃいましょう。

 

一人でも二人でも大勢でも演奏できて、型にはまらない自由な演奏

 

今日の演奏は昨日とは違います。

 

ほんのり哀愁ただよわせたり、ドキドキしたり、愛情溢れるアレンジも思いのままに

 

それがジャズの素敵なところです!

 

ジャズピアノを弾きたいあなたのためのワンポイントレッスン。

 

こちらは「わかる!弾ける!楽しい!ジャズピアノレッスンVol.1」から

基本の音階(=スケール)とは

 

1オクターブの12音を、ルート(根音)から、全全半全全全半と並べた「7音」です。これが「ドレミファソラシ」。

 

(全=全音、半=半音のこと)

 

和音(コード)とは

 

そのスケール「7音」を1つ飛ばしに並べ替えた「ドミソシレファラ」

 

つまり音階(スケール)と和音(コード)は同じ7音から作らます。

 

アドリブも伴奏も、基本は同じです。

 

じゃあ7つの音を使って好きな音出してみて~

 

次に1つだけ音を変えてみて~

 

てなわけで、あとは慣れるだけ。意外と弾けちゃいます。

 

難しい~と思っていたジャズが簡単でシンプルで素敵過ぎる!

 

意外とできちゃう!ジャズピアノをぜひ! 

 

演奏依頼、レッスンに関するお問い合わせもお気軽にどうぞ!

 

お問い合わせフォームはこちら スカイプレッスンについてはこちらにも

 

ジャズピアノ教本「わかる!弾ける!楽しい!ジャズピアノレッスンVol.1」Amazonにて好評発売中!

 

ブログランキングに参加しています!ぜひ1クリックをお願いします!


ジャズランキング

 


この記事を書いた人

evapf

ジャズピアニスト ジャズピアノ講師 音楽イベントプロデユース