可愛い!エッグコドラー半熟卵器

今回は最近のお気に入り、エッグコドラーの紹介。

Egg Coddler

イギリスのRoyal Worcester(ロイヤルウースター)製。

湯せんして半熟ゆで卵を作ります。

茶碗蒸しに近いお料理も作れるます。

調理器具であり、そのまま食卓にだせる器でもある。

もーーなんといってもこの可愛さ!

(エッグコドラーっていう名前も可愛い^^)

ゆで卵のことを、コドルドエッグというそうです。

色んな絵柄を集めたいなーなんて思っています。

しかーし、これは日本には殆ど無いのです。

こちらは海外の通販サイトで取り寄せました。

つまり送料がお高いのですが、それを払ってでも

欲しい!と思ってしましました。

日本で流行ったらもっと沢山流通するのにね~

エッグコドラーの使用方法は。。

まず内側にバターをぬり卵を割り入れて塩コショウする。

あれば小さく切ったハムなどを入れ、蓋を軽く閉めた状態で、
お湯を張った鍋に入れ、お湯が沸騰してからトロ火にして10分ほど。

火加減と時間を覚えればめちゃ簡単、放置して出来上がってる。

大きさが二種類あるので、大きい方では洋風茶碗蒸しにも。

大きさはちょうど、普通サイズの卵が1個入るくらい。

使い方は工夫しだいで、ジャムやバター、ピクルスを入れにも。

インテリア、アクセサリー入れでも。使い方はいろいろ。

うーん、古くて新しいヨーロッパのセンス溢れるエッグコドラー。

どうやって使おうかな。。

とりあえずは一番オーソドックスな、半熟卵からね。

ってことで、作った後の報告はまたいずれ。。


   
   

 
EVAの活動とレッスンに関する記事はWebsite、FBにて更新中!

EVAの部屋&ミュージックマルシェでお待ちしています!

 
今後の活動については、EVAの部屋をご覧くださいね!
  
ピアノを習うなら、ミュージックマルシェへどうぞ!

フェイスブックページはこちら!

演奏依頼、レッスンに関するお問い合わせもお気軽にどうぞ!

お問い合わせフォームはこちら

スカイプレッスンについてはこちらにも


この記事を書いた人

evapf

ジャズピアニスト ジャズピアノ講師 音楽イベントプロデユース