地固め、という目標

ジャズピアニストEVAのブログ-sitihukujin2

≪年頭のごあいさつ≫

新しい年になりました!

年が変わると気分が一新してなぜか、去年までの自分ではなく
新しい自分になれる気がするのは、私だけでしょうか?

今年の目標!(指針ですね)・・毎年、年頭に考えるのだけど
おととしは「行動力」、去年は「女は愛嬌」なんて、書いてる。

振り返ると、その言葉を意識してやってきた事も結構ある。
発した言葉の影響が大きいって事ね。

今年の言葉は、「地固め」とします。。ちょっと地味だけど。

いい言葉を思いつかなかったのですが、意味はというと・・

基盤作りをして、種をまき、土壌を肥やして、栄養と持久力を蓄え、
つまり、花開き実を結ぶ為の準備であり、人間として、女性として、
仕事の面、広い意味での、私自身の基礎固めをする年にしたい。

立派な実をつける為には、相当な準備と努力がいるわけです。
高い目標まで上りたいなら、その為の階段を、しっかり作ることです。

・・ってのは、元旦の熱田神宮のおみくじに、「派手に振舞わず、
基礎を確実に、地道な努力をする年・・」と書かれていたので。

えー、このご時世ですから、そんな内容が多いのでしょうか?
じっと我慢をして耐え、急がず慌てず、春が来るのを待てと。

もちろん何もやらないのではなく、確実に、やるべき事をやる。
ここぞという所に駒を打ち、先を読んで次の手を打たないと。

結構たいへんだ。
直感で動いてた私にとって苦手な、、綿密な計算と計画ってやつ。

コツコツと努力を重ねて、実力を身につけ、確実に積み上げていく、
これは、今まで私に足りなかった事だ。

できると信じてやっていきます。(と、自分に言い聞かせてます。)

それでは今年もよろしくお願いします。これを読んで下さる皆様へ、
沢山の幸せが訪れますよう、お祈りしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪悲しい事件≫

去年の暮れに、悲しい出来事が起こりました。

私の知り合いのミュージシャン、Iさんが亡くなりました。
私の友だちR子ちゃんの旦那様でした。

それはキャリアと実績のあるバンドマンでベーシストであり、
ピアノで弾き語りもするマルチプレイヤー。
しかも、スマートで紳士でダンディでスーツが似合う方。

名古屋のバンドマンでは、知らない人はいません。

一緒に仕事をやるはずだった日の、3日前の事でした。

その奥さまであるR子ちゃんは、私が15年くらい前になりますが、

私がジャズを始める前、Ya!Ya!Ya!というライブハウスの常連だった頃
仲良くなった、当時は20台前半のとても可愛らしい子でした。

その時から若いのに芯の強さをもった、しっかりした子でした。

時々ライブに来てくれていたのですが、いろいろなバンドマンと
知り合いなっていくその繋がりで、私の知らないあいだに、
いつのまにか、Iさんと仲良くなってたんですね。

それはびっくりしたけど、私は本当に嬉しかった。
本当に彼女が幸せになっていく過程を見て、心から祝福しました。

その幸せがこの12月にあまりにも突然、失われてしまった。

言葉にすると、軽々しくなっちゃうけど・・今、書くのは早すぎるかと
思ったけど、私でさえ、思い出すと、胸が苦しくなるけど・・・
書かせてもらいました。

たくさん思い出す事が、せめてもの供養になるのではないかと。

本人の無念さと、彼女の悲しさは、深く計り知れない。

私は遠くから、手を合わせることしかできないけど、とにかく
強く生きていってほしい。

ご冥福をお祈りします。


この記事を書いた人

evapf

ジャズピアニスト ジャズピアノ講師 音楽イベントプロデユース