役者になれるか?ライブはパフォーマンス

ひだまりサロン

NPO法人ひだまりネットの施設の一つ「ひだまりサロン」にて
演奏してきました。フルート・ベース・ピアノでの演奏です。

ひだまりネットの代表の方、ビルのオーナー、商店街の方々が
集まるなか、ジャズ・ボサノバから、歌謡曲・童謡まで演奏。
そして演奏と一緒に、古き良き日本の歌をみなで大合唱しました。

演奏を終わって、心に響いた!と感激してもらえ、嬉しかった!
私たちの方こそ、聴いてくれる人から暖かい心をもらったのでした。

演奏中にまず私たち3人が、そして会場全体の雰囲気が
どんどん盛り上がってくるのがわかります。

こういう時、音楽やってて良かったーと感じます。

ここは、介護(特に後期高齢者)や排泄ケアなどの悩みを持つ
人たちの相談所です。

4/1にオープンしたばかり、中村区の大門通り商店街の一角。
http://hello.ap.teacup.com/hidamari/126.html

後期高齢者医療制度ができたり、どんどん保険料が高くなり
私たちもそうですが、介護が必要なお年寄りのいる家庭は
ほんとうに深刻なんですね。

私もいつかお世話になるのかも・・その時にきちんと十分なケアを
してもらえるのだろうか・・色々考えると不安になってきます。

親身に面倒みてくれる人、環境、お金、どれもないと寂しい。

医療サービス会社のオーナーや事務長さんとは仲良くさせてもらい
お願いしておかなきゃ。私の入れる部屋をとっておいてね~

歌舞伎

御園座で歌舞伎を始めてみてきました。
艶やかな着物姿のお姉さまたち、立ち居振る舞いが美しくてうっとり。

中村吉衛門さん、市川染五郎さん、着物姿も惚れ惚れしちゃうし
長いセリフを一気に言い切って見得をきる・・粋という言葉が
似合うのだわ。はあー、こんな世界があったのねー

ストーリーよりも言葉としぐさと完璧な演出に感動と衝撃を受けた。
すべてが計算しつくされ、訓練されたプロの集団なんだ。スゴイ。
見るものを魅了する仕掛けがここにある。

私たちミュージシャンも音楽で表現する役者のようなもの。
ただ好きな音楽を好きなように演奏するだけでは感動は生まれない。

自分の奏でる音楽も重要だけど、目で見える部分がすごく大事だ
という事がわかってきた。一流の人はみなそれが出来ている人だ。

最近ライブの度にビデオを撮っているので、私たちに足りない所が
見えてくる。音楽もそうだけど動き、そう、パフォーマンスなのだわ。

レディ

ってことで先日も女性バンド「LADY」(レディ)でライブしましたが
課題になっていることができず、しまりの無いライブになってしまった。

いや、こんなこと言ったら見に来てくれた方々に申し訳ないわね。

もちろんしっかり演奏したし、ノリノリで楽しいライブだったのですけど。

最後まで和気藹々で、いい感じだったのですけどね。

でも演奏より全体の流れとメリハリの無さ。これは準備不足、確認不足、
緊張感の足りなさ、などなど・・プロの仕事といえるかしら。

厳しいのよ、エンターテイメントなんだから、当然、がんばっても
面白くないものは誰も見にきてくれないわ。

笑顔を振りまいても、ナイスバディを披露したところで
だめなものはダメ。

そんなわけでまた練習と研究に励みます。

音楽家でもあるが、感情豊かに表現する役者になれるか?

心に響く、粋で、楽しくて、見ごたえのあるライブにしたいです。


この記事を書いた人

evapf

ジャズピアニスト ジャズピアノ講師 音楽イベントプロデユース