お酒が飲みたくなる懐かしい昭和歌謡とジャズスタンダード

9/24はホテル名古屋ガーデンパレスのアーブルにてライブでした。
浜千代みはるvo.大久保健一b.エバp.のトリオで昭和歌謡とジャズを演奏。

ウイスキーがお好きでしょなど、お酒が飲みたくなる歌シリーズ
サントリーオールドのCMソング、♪だんだんどぅび〜しゅびどぅば〜♪もやりましたよ〜
→夜が来る、小林亜星作曲。
わかりますか~?わかる人は同世代以上の方々ね^_^)

ちなみにサントリーのCMソングは秀逸だという評判です。
大人になるとこういうのがジーンと来るものですね。

もちろん、ジャズスタンダードも、
歌の曲では、My Favorit song、Day by day、Amutum leavesなど。
ピアノとベースのDuoでは、ふるさと(Jazz Walts、バース付け足し、リハーモナイズアレンジ)や、ルパン三世のテーマ(Slow Swing、これもリハモアレンジ)を演奏しました。

どんな感じかは?
説明が難しいのでぜひ私のリーダライブを聴きに来て下さいね!
アーブルでは毎月ジャズライブを行っています。

ジャズ理論ミニ講座「リハーモナイズとは?」

たいがいのメロディには和音が着いています。
例えばドレミというメロディが明るいのか暗いのか、明るくて暗いのか、怪しげなのか、気持ち悪いのか、表わすのが和音です。

和音を着けることはハーモナイズ。さらにその和音を着けなおすことをリハーモナイズといます。
つまりリハーモナイズとは、和音で雰囲気を変えることです。
詳しくは下記の教本Vol.1、Vol.2へ(*^^)v

まあ理論はいいからなんとなく雰囲気を味わいたい、という方はライブへぜひどうぞ💕

ミュージックマルシェではジャズピアノ教本

わかる!弾ける!楽しい!ジャズピアノレッスンVol.1、2 を好評発売中!
Amazon「ジャズピアノ初心者教本」にてベストセラー、継続中!

この記事を書いた人

evapf

ジャズピアニスト ジャズピアノ講師 音楽イベントプロデユース