憧れの大人の香りジャズピアノ 不協和音も心地よき音・・テンションの音がジャズらしさを作ります

愛とロマンを奏でるジャズピアニストのエバです

 

こんにちは!

 

ジャズは少し外れた音、少しズレたリズムがかっこいい。

 

そんな事を知ったのは、ジャズを勉強しだしてから

 

ずいぶん後のことでした。

 

この事は、やはり最初からできなくても、わかっていた方がよいのです。

 

ジャズをやる限り知っていて損はない!ていうか、知っていたほうが良いに決まってる!ってことがあります。

 

前にもご紹介しましたが、サマータイムを聴きながら。

 

こちらは、テーマとソロ(アドリブ部分を譜面にしたもの)

 

テーマとソロ(アドリブ部分)を書いた譜面はこちら。

 

このテーマ(メロディ)の、いわゆる「ノリ」。

 

よーく聴いてみると、たまーに、八分音符のウラ(後ろ)の音が大きいのがわかりますか?

 

表と裏で、強弱があるのです。(表が弱、ウラが強)

 

ウラに乗る。

 

これがジャズらしさのひとつです!

 

ピアノでも管楽器でも歌でも、同じです。

 

譜面を見ながら、まず、ダバダバ、、とかいって、「歌ってみる」ことをお勧めします。(この時、ダより、バの方を強調)

 

なんとなーく、もたもたしている?

 

そして、ベース音や和音の不思議なハーモニー。

 

これは「テンション」のしわざですが、、

 

とりあえず、、

 

ピアノの人も、他の楽器の人も、メロディだけ弾いてみて。

 

その不協和音がもたらすジャズの雰囲気を味わって。

 

ジャズでは「テーマ譜」という、コードとメロディだけの譜面を使います。

 

管楽器など、単音楽器の方は、これだけで演奏できますが、ピアノの場合はこれに、左手で弾く「コード」がいるのです。

 

そこが、ピアノの一番難しいところ。

 

でも一番おいしいところでもあります。

 

 

コード(和音)の話ですが、コードには「テンション」という音があります。

 

ドレミファソラシ、のうちの、「ドミソシ」がコードで、「レファラ」はテンション。

 

ドミソシのうちの2つほど、レファラのうちの2つほど、でジャズのコードが完成です!

 

と言っても、何のことかわからない方は↓↓こちらへ(*^^)v

 

ジャズの話の続きは、また書きますね~

 

最後まで読んでくださりありがとう!

 

ミュージックマルシェ ジャズピアノ講師 エバ

ピアノを習うなら、ミュージックマルシェへ!

 

ジャズピアノ・ジャムセッション・バンド演奏

一緒に楽しみましょう!

 

わかる!弾ける!楽しい!ジャズピアノレッスンVol.1

*ピアノトリオさながらの練習ができるマイナスワンCD付きAmazon

アマゾンにて好評発売中!2268円(税込)

 

Amazonnカテゴリー「ジャズピアノ初心者教本」ベストセラー

 

  

 

 

EVAの活動とレッスンに関する記事は、FBでも更新中!

 

EVAの部屋&ミュージックマルシェでお待ちしています!

 

今後の活動については、EVAの部屋をご覧ください!

 

スカイプレッスンについてはこちらにも

 

さて、来年の干支は戌、犬年ですが、こんな可愛い

インテリアはいかが?

 
Yahoo!shopping セラベルアートマルシェから販売
 
 

ジャズピアニスト マリエバの記事がいいなっと思ったら

 

ブログランキング!ぜひ1クリックしてね!

 


ジャズランキング

 


この記事を書いた人

evapf

ジャズピアニスト ジャズピアノ講師 音楽イベントプロデユース