上海

あまり人気のところは(3時間待ちとかですので)行けず
でしたが、イタリア館へ行きました。

さすがに、お洒落! 

洗練されたデザイン、目が釘付けになりました。

ジャズピアニストEVAのブログ

ジャズピアニストEVAのブログ

ジャズピアニストEVAのブログ

ジャズピアニストEVAのブログ

ジャズピアニストEVAのブログ

実は、イタリアンレストランで、1500円ほど使うと、VIPで
入れるのです。どっちにしてもどこかでご飯を食べる
わけですから、これは使わない手はない!って事で。

長だの列を横目でみながら、VIPチケット見せて、待たずに、IN。

むふふ、ちょっとセレブな気分。

1500円だったら!、って思う日本人はやっぱりお金持ちかな。

中国の人、月収は5,6万(上海など都会の人で)。
いなかの人は1,2万の人も。。

やはり1500円の食事は、そう安くない。

カラの水筒を持って会場内のお水をくみ、水分を取り、
果物と野菜は持ち込めるので、リンゴをかじりながら
(結構多かったのは、キュウリをかじっている人)
長い列を待って並ぶ、現地の人たち。

監視員が多いので、ほとんど割り込みをする人もなく
少なくとも万博会場内は、マナーが良い感じがした。

キャラクターは「はいばお」君。

万博会場を一歩でると、コピー者を売る人たちに囲まれた。

どんどん、出てくる。ついてくる。

万博キャラ製品、ブランドのお財布、何個もまとめて
1000円でどう?って。。

上海だけで、1600万人だそう。
聳え立つ高層ビル。自信が無い国なので、建築の基準が
日本よりも甘く、ところ狭しと、高層マンションが並ぶ。

日照権とか、どうなってるのかな。。

走る車は、ベンツ、BM、ワーゲン、日本車も。。みなキレイ。

車のナンバープレートを買うのに、40万ほどかかるから、
普通の人は、なかなか車を買えない。

一人っ子政策をしているけど、子供を2人目を作るのには
40万円ほど(罰金を)払うと、産んでも良いそう。

車を買うのも2人目を作るのも、富裕層に限られる。

一人っ子でも教育費がかかるから、上海の若者は結婚年齢が
上がっていて、35歳くらいが普通らしい。

で、共働きが基本。子供が小さい頃には、おばあちゃん家に
預けっぱなしにして、二人で稼がないと生活できない場合も。

貧富の差がすごくある。

高速道路もライトアップされ、光り輝く大都会だけど、
観光客からは、見えないように、きれいじゃない住宅地は
高い塀で囲ってある。

日本の30年前に似ている、っていうけど、アメリカと、
30年前の日本が、1つの街に同居しているって状況。。。

こんな私たちが経験した事の無い状況にいる中国人の
気持ちを、想像できるはずはない私たちなんだな、とか。
色んな事を考えさせられました。

今また、旅行客が制限されている。

ちょうど私たちが帰ってから、なにやら騒がしくなっている。
どうなることやら。。

悲しい事件が起こらない事を、祈ります。

みんなが幸せになっていきますように。。。

ジャズピアニストEVAのブログ

ジャズピアニストEVAのブログ

ジャズピアニストEVAのブログ


この記事を書いた人

evapf

ジャズピアニスト ジャズピアノ講師 音楽イベントプロデユース